ホーム最新情報過去記事1>過去記事2(現在ページ)

「TETSUOビジュアルアート展」
ゲストエキシビション「ミニTETSUOアート展」
「のんのんオルゴールの森♪lVol.4」にゲスト出演
「癒しの広場同時開催 TETSUO作品展」
第2回「癒しの広場」2003年9月23日開催

「TETSUO この夕べの一枚展」、定期開催の「のんのんオルゴールの森♪」に併催
●「TETSUO イメージと原画展」
●CD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」発売中
●「石田桃子コンサート&のんのんオルゴールの森」開催
●アースデイ長野2003フライヤーにTETSUO作品
●ピアノ曲「Lake of Eternity 〜永遠の湖〜」CD発売中。ジャケットにTETSUO作品


※見出しはこのページ内の記事にリンクしています。スクロールしても見出し順に全記事が
みられます。





■「TETSUOビジュアルアート展」


2003年11月5日(水)〜11月30日(日)
長野県南安曇郡穂高町豊里  舎爐夢(シャロム)ヒュッテ
TEL&FAX  0263-83-3838   E-mail : shalom@ultraman.gr.jp

 信州北アルプス山麓、安曇野にあるシャロムヒュッテにて「TETSUOビジュアルアート展」が開催されました。シャロムコミュニティは自然農・シュタイナー教育・マクロビオティック・地域通貨・パーマカルチャーなど21世紀の循環型社会のキーワードを包み込んだエココミュニティとして注目されており、今回の作品展はそのオーガニックレストランのギャラリースペースでの開催でした。作者も大好きなおすすめオーガニックメニューとともに楽しんでいただけましたでしょうか。
 今回はは全国からシャロムヒュッテに訪れたかたとの交流もあり、また会期中に同会場で開催されたイベントやシンポジウムの来場者からも感想をいただくことができたいへん嬉しく思っています。


   

開催日等詳細
舎爐夢(シャロム)ヒュッテホームページ http://www.ultraman.gr.jp/~shalom/
「今月のギャラリー」に詳細(会期中)


[ページトップへ]






■ゲストエキシビション「ミニTETSUOアート展」


2003年11月26日(水)「のんのんオルゴールの森♪スペシャル」併催企画
(今回に限り特別イベントのため一般告知はありませんでした)
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館(0266-26-7300 奏鳴館ホームページhttp://www.someikan.com/ )

 毎月1回、天文的エピソード、季節行事などをテーマに定期開催されるお話とオルゴールのコンサート「のんのんオルゴールの森♪」のスペシャル企画に「ミ二・TETSUOアート展」が併催されました。
 この企画は毎月の「のんのんオルゴールの森♪」とは別枠のスペシャルイベントで、会場の諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館内に特設ギャラリーを設けたゲストアート展として企画されました。
 題名は「ミニ〜」ですが、今回の会場では毎月一回の「TETSUOこの夕べの一枚展」よりもたくさんの作品を楽しんでいただくことができ、また終了後にはTETSUOとのんのんこと臼井則孔さんのポストカードプレゼントやサイン会などがあり、ご来場の皆さんと楽しい交流のひとときを持つことができました。


       写真:展示会場エントランスと会場内

[ページトップへ]





■「のんのんオルゴールの森♪Vol.4」にゲスト出演


2003年11月21日(金)「のんのんオルゴールの森♪」Vol.l4
諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館(0266-26-7300 奏鳴館ホームページhttp://www.someikan.com/ )

 毎月1回、天文的エピソード、季節行事などをテーマに定期開催されるお話とオルゴールのコンサート「のんのんオルゴールの森♪」のVol.4にトークゲストとしてTETSUOが出演しました。
 この回のテーマは「クリエイティブな夜に」と題され、作る喜びや楽しみについての話題とともに併催「TETSUOこの夕べの一枚展」の今回の出品作なども紹介されました。
 またのんのんこと臼井則孔さんの「宿題」のはずだった奏鳴館展示オルゴール作りをTETSUOにお願いしてやってもらってしまった、という裏話なども披露され、のんのんオルゴールの森♪とTETSUOならではのトークタイムとなりました。

   
 写真:TETSUOが手がけたオルゴールを手に。

[ページトップへ]





■「癒しの広場同時開催 TETSUO作品展」開催


2003年9月19日(金)〜9月30日(火)
長野県長野市 平安堂長野店3Fカフェぺえじ TEL 026-224-4545 

長野市平安堂長野店カフェぺえじにて第2回「癒しの広場」同時開催としてTETSUO作品展が開催されました。この企画はTETSUOが「癒しの広場」に作品協力したことから、多くの方々にイベントとともに楽しんでいただこうと癒しの広場実行委員会主催として企画されました。「癒しの広場」での展示はイベント当日限りでしたが、この展示会は期間もあり、また書店内のカフェスペースでの展示でもあり、ゆっくりとくつろぎながら気軽に楽しんでいただけたようです。また絵本売り場が近かったこともありお子さん連れで楽しんでいただけたお客様もいらっしゃったようです。 


   

写真 平安堂Cafeぺえじの展示会場
会場内にはイベント「癒しの広場」の冊子・フライヤーなどのイベント情報も見ることができました。

●癒しの広場紹介ページ


[ページトップへ]





■第2回「癒しの広場」 2003年9月23日開催


2003年9月23日(秋分の日)
長野市若里3−22−2 長野市若里市民文化ホール(ビッグハット内)
お問い合わせ(会期中)
実行委員会事務局(長野メンタルステーツ内) TEL/FAX 026-224-4976  E-mail info@i-hiroba.net


フライヤー作品TETSUO「やすらぎの木」   フライヤーデザイン:柴崎るり子さん

 昨年5月に第1回が開催され、全国的な出展者が集まり話題となったヒーリング関連イベント「癒しの広場」が今年も開催されました。衣食住から環境・代替医療まで様々な「癒し」の出展者が集まったこのイベントに、今年もTETSUO作品がテーマアートして協力しました。フライヤー、パンフレット、オリジナルTシャツなどがオフィシャルとして作られ、またアート出展ブースではフライヤーデザインの柴崎るり子さん(絵本作家・イラストレーター)の作品とともにTETSUOの原画作品が展示されました。 


   

写真:2003年第2回癒しの広場より  癒しの広場紹介ページはこちら

[ページトップへ]





■「TETSUO この夕べの一枚展」、定期開催の「のんのんオルゴールの森♪」に併催


2003年8月〜2004年7月までの一年間毎月1回の定期開催
会場:諏訪湖オルゴール博物館 奏鳴館(長野県諏訪郡下諏訪町諏訪大社秋宮大鳥居前)
お問い合わせ  奏鳴館 0266-26-7300 奏鳴館ホームページhttp://www.someikan.com/(サイト内に地図あり)

 オルゴールDJのんのんこと臼井則孔(うすいのりこ)さんの、お話とオルゴールのコンサート「のんのんオルゴールの森♪」が諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館にて開催され、その会場で「TETSUO この夕べの一枚展」と題したミニ展示会が併催されます。毎回1点から数点、話題の作品展示を予定。また各回ならではの企画も検討中です。
 このコンサートは毎月1回、天文的エピソード、季節行事などをテーマに定期開催されるもので、臼井則孔さんはじめ、関係の方々の話題のなかからTETSUO展開催の運びとなりました。
 ペルセウス座流星群極大付近となったVol.1、2003年8月12日「流れ星の夜に」をはじめとして、100年以上経つ今なお現役のアンティークオルゴールの音色とともにのんのんが語る毎回違う素敵な物語は聞いているお客さんを別の世界へと連れて行ってくれます。
 このオルゴールとお話の素敵なコンサートのひとときの中で「時空を超えて遊ぶTETSUOアートの世界」をご来場のみなさんにお楽しみいただければ嬉しく思っております。

 


■開催日等詳細
諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館  http://www.someikan.com/
オルゴールDJ臼井則孔  http://www.lcv.ne.jp/~nonon/


[ページトップへ]






■「TETSUO イメージと原画展」


2003年4月12日〜4月26日(一般入場)。27日は同会場でのコンサート来場者のみ。
ハーモ美術館(長野県諏訪郡下諏訪町10616-540) tel 0266-28-3636

http://shinshu-online.ne.jp/museum/harmo/



 水と緑の美しい長野県諏訪湖畔、ハーモ美術館にて「TETSUO イメージと原画展」が開催され出版作品で話題となった作品や前回TETSUO展後の新作を中心に34作品が展示されました。
 会場のハーモ美術館ティーセントホールは普段は常設展示とともにコンサートなどもできる2階吹き抜けの展示会場でした。今回はTETSUO作品の「時空を超えて遊ぶ」雰囲気と相まって会場のなかに天使が飛ぶような、別世界のような楽しさが感じられる空間での展示会で作者自身も準備中も会期中も仕事ながら楽しい時間をすごしました。来てくださったかたがたにもTETSUO作品を見て「時空を超えて遊」ぶひとときを過ごしていただけたならば幸いです。
 また期間最終日の4月27日は同ホールにて日本初のオルゴールDJの臼井則孔さんとCD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins永遠の再会」でコラボレートをしたピアニスト石田桃子さんのコンサートも行われました。諏訪湖は同作品に収録されたピアノ曲「Lake of Eternity 永遠の湖」が初演され話題となったことでも知られ、またこの楽曲のテーマ、未来の美しい湖という作品コンセプトから同時期に行われたアースデイにも楽曲を通してのメッセージとなりました。なおアースデイ長野2003のフライヤーにはTETSUO作品が使われており様々な話題のなかでの展示会になったことを作者もたいへん光栄に思っています。
(コンサート紹介「石田桃子コンサート&のんのんオルゴールの森」とアースデイ長野2003フライヤーは下に記事があります。

 


写真:会場のティーセントホールと美術館全景(ハーモ美術館パンフレットより)

[ページトップへ]







CD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」発売中

TETSUO作品14枚とピアノ曲「Lake of Eternity 永遠の湖」のCDが収録されたCD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」が発売されています。この作品集はピアニスト石田桃子さんがイベントフライヤーに使われていたTETSUOの絵に感激していただいたことから企画が出来上がった、素晴らしいピアノとのコラボレーション作品集です。またヒーリング作品としても評価され、たくさんの方からの喜びの感想をいただいています。



絵に抱かれ、音楽に包みこまれる。ピアノとヒーリングアートのコラボレーション。
「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」(Produced by Glow Extraction \1800)


石田 桃子さんプロフィール
作曲、アレンジャーとして映画「こんにちは地球家族」 等で活躍。地球環境等にも深い関心を持ち、「Happy Birthday地球人」「いのちの森」等の楽曲にて、日本および世界に音楽を通して心と自然を癒すメッセージを発信してきた。俳優石田純一の実姉。


[ページトップへ]






■「石田桃子コンサート&のんのんオルゴールの森」開催

2003年4月27日(日)財団法人ハーモ美術館(長野県諏訪郡下諏訪町10616-540) tel 0266-28-3636




 ピアニスト・作曲家・ミュージシャンの石田桃子さん、そして日本初のオルゴールDJとして、またテレビやラジオのパーソナリティとしても活躍中の、のんのんこと臼井則孔(うすいのりこ)さんのお2人によるピアノとオルゴールのコンサートが「TETSUOイメージと原画展」最終日、同会場のハーモ美術館ティーセントホールにて開催されました。
 お二人ともTETSUOアートをとても気に入ってくださっていて、石田桃子さんはTETSUOとのコラボレーション作品集などでおなじみ、臼井則孔さんは先日NHK番組のイベント情報コーナーで「TETSUOイメージと原画展」を素敵なトークで紹介してくれました。
 そんなTETSUOアートのメッセージをみなさんに伝えてくださっているお二人のコンサートでTETSUO展会場が静かな美術館の雰囲気とはまた別の華やかで楽しいひとときになったことはTETSUOアートにとってもたいへん素晴らしい出来事でした。
 なおフライヤー提供作品はTETSUO「ブルーの世界」、フライヤーデザインは2002年10月のTETSUO展やTETSUOアートポスターも手がけてくれているイラストレーター・絵本作家の柴崎るり子さんです。

   

財団法人ハーモ美術館(会場) http://shinshu.online.co.jp/museum/harmo/
主催BLUE SPOTホームページ http://www.geocities.jp/bluespot2nd/vol6.htm
コンサート紹介ページ(告知記事)

[ページトップへ]





■アースデイ長野2003フライヤーにTETSUO作品


 アースデイは世界180ヶ国・5億人が参加するといわれる「地球のことを考える日」の祭典です。今年も日本でも東京はじめ全国各地でアースデイイベントが開催されました。
 そのなかで「森と水"Forest&Water"」をテーマとしたアースデイ長野2003のフライヤー表紙をTETSUO作品が飾りました。目の前にある地球の自然環境,、そして次元を超えて見たこれからの地球などさまざまなテーマを込めたこの作品がアースデイアクションとして地球を考える活動の一端を担うことができたならば嬉しく思います。
 また4月12日から26日まで開催の「TETSUOイメージと原画展」もアースデイ関連イベントとして紹介されました。
 なおこの作品は無題ですが作者の作品整理上タイトルとして「転回・その11・earth5-8」(長い!)と呼ばれていて、つまりこの「転回」と題された絵は習作とイメージスケッチとで何点かが描かれており、そのうちいくつかはいずれ発表できるのではと思っています。完成作品としては「まわりゆく世界」があり、4月12日からの「TETSUOイメージと原画展」にも出品されました。


 

「目に見えるもの見えないもの、森羅万象に神性を感じることはそれそのものが祝福であると思う。
 アースデイ長野は水温み緑育ち様々な生き物が活動し始める季節、そして地球の未来を予見させる新しい時代の訪れを感じ、ここに訪れたふたつの春をすべての存在たちと祝福し続けていきたい。」
(2003年4月TETSUO・アースデイ長野2003フライヤー掲載作品のメッセージ)


アースデイ長野2003フライヤー
裏表紙はアースデイ長野2003実行委員長で作家のC.W.ニコルさんのメッセージ「心の水源地であるために」まさにアースデイメッセージです。
アースデイ長野2003 http://www.earthday-tokyo.org/nagano/


[ページトップへ]





■ピアノ曲「Lake of Eternity 〜永遠の湖〜」CDジャケットにTETSUO作品


 CD&ポストカードブック「Angels,Sounds,Dolphins〜永遠の再会〜」でコラボレートをしたピアニスト石田桃子さんのピアノ曲「Lake of Eternity 〜永遠の湖〜」のCDが発売されました。今回は手のひらサイズのジャケットのシングルCDで、とても愛着がわく作りになっています。あらためて聞きましたがこの楽曲のもつ精妙にして力量感あふれるエネルギーはいつ聞いても感激します。素晴らしい癒しの効果をもたらしてくれる一枚です。
 ジャケットのグラフィックにはTETSUOの代表作「流れ星(永遠の再会)」、そして楽曲のテーマや制作にいたるエピソードともシンクロしてCD制作中も話題となっていた「ブルーの世界」が使われています。




心の癒し。ひとしずくの音楽。
石田桃子「Lake of Eternity 〜永遠の湖〜」シングルCD(Glow Extraction \1000)

購入等お問い合わせ先: angel444@po20.lcv.ne.jp

[ページトップへ]




※ 掲載の作品展示会場等の写真は紹介用に撮影したものです。展示会場でのメモ・写真撮影等はご遠慮いただいております。

[ページトップへ]


ホーム最新情報過去記事1>過去記事2(現在ページ)


                                  HOME
←ニュースのトップへ
HOME
NEWS